東京のシェアハウスで一生の友達と出会えた

東京のシェアハウスで一生の友達と出会えた

僕は大学2年生から卒業するまでの約2年間、東京のシェアハウスで暮らしていました。住人は同じ大学の先輩が1人、社会人が2人、フリーターが1人、そして僕の計5人です。僕が一番後に入居したのですが、その頃から皆仲良しで、オタオタしていた僕を温かく迎えてくれました。そのシェアハウスは、ドラマから飛び出てきたような理想通りの共同生活で、とても楽しかったんです。週末には参加できる人で飲み会をしたり、リビングでゆったりとボードゲームをしたり、映画を垂れ流しにして朝まで語り合ったり……。僕と先輩は学生だから良かったものの、働いている住人はよく付き合ってくれていたなと今では思います。でも、僕もそうですが、それくらいその時間が楽しく大切なものだったんです。しかしそんな楽しい生活もあっという間。僕は大学卒業をきっかけに、東京を離れ地元の企業に就職することになりました。そんな僕のために、サプライズお別れパーティを開いてくれたことは一生の思い出です。年も性別も、生まれ育った環境も違う男女がこれほどまでに親密になれるのは、シェアハウスだからこその魅力だと思います。今度連休を利用して、東京に遊びに行く予定です。皆スケジュールを調整してくれたようで、久しぶりに皆に会えることが楽しみで仕方ありません。退去してからも、こうして関係が続くなんて、僕は素晴らしい住人に巡り会えたなと幸せに感じています。

I met a lifetime friend at a share house in Tokyo

I lived in a share house in Tokyo for about two years until I graduated from my college. The residents were one senior at the same university, two workers, one part-timer, and me. I total, five of us. I was the last of all who moved in, but since that time they were all on good terms and greeted me warmly. That share house was a pleasant, cooperative life as if I had jumped out of the drama. On weekends, we enjoyed drinking parties, playing board games, talking till the morning with a movie running …… I and my seniors were OK because we were students, but now I think that the worker had been so nice to get along with us. But, as with me, that time was so much fun and important. But such an enjoyable life flies fast. After graduating from university, I decided to leave Tokyo and get a job at a local company. It was an unforgettable memory that they opened a surprise farewell party for me. I think that it is the charm of a share house that men and women who of different ages, genders, and home countries can become intimate so much. I am going to visit Tokyo next-coming holidays. Everyone seemed to adjust their schedule, I cannot wait to see everyone after a long time. Even after move-out, I feel happy that I havd met wonderful residents whose relationship with me goes on.